ブロスCCT 


よくある質問

Q 転写加工とはどの様な物、どの様な仕上がりですか?
A 現在国産車に使われているウッドパネルのほとんどは転写加工した物です
よって仕上がりは純正品の様に仕上がり、シールや後付パネルの様な貼り付け感はありません
Q リアルカーボンは黄ばんだり白く曇ったりと劣化が早いと聞いたことがあるのですが
A カーボンの劣化はカーボンが劣化するのではなく浸透させた透明樹脂が日光などで劣化します
ドライカーボンなどの様にトップコートをしない物やFRP用などの安価な樹脂を使った物は
早い時期に黄ばんだり白く劣化したりします
当社では国産の難黄変UVカットの超透明樹脂を使用し
トップコートにUVカットのウレタンクリア塗装を焼付けし仕上ます
よってボディと同じメンテナンスで劣化の無い状態を長くキープできます
Q ドライカーボンとリアルカーボンは違うのですか?
A 素材は同じ炭素繊維ですが加工法が違います
ドライカーボンは軽量で機能重視ですので最低限の樹脂で高圧高温で成形します
リアルカーボンはウエットカーボンとも呼ばれドレスアップの為の物ですので見た目重視です
たっぷりと透明樹脂を使いドライカーボンの用にカーボン目が潰れてなく琥珀の様に仕上ります
Q カーボン転写とリアルカーボンはどう違うのですか?
リアルカーボンは炭素繊維を使った本物カーボンで転写カーボンはリアルカーボンのフェイクです
フェイクとは言え当社ではカーボン柄だけでも10種類以上あり
リアルカーボンとは違ったスポーティな高級感があります
Q リアルカーボンのメリット、デメリットを教えて下さい
A リアルカーボンはカーボン繊維を樹脂で閉じ込めますので
カーボンシートでは出せない立体感、高級感があります
デメリットは加工難易度から納期の長さ、加工料が高めです
Q 転写カーボンのメリット、デメリットを教えて下さい
A リアルカーボンでは不可能な細かな部分にまで柄を付けることが可能で
  高級ウレタンクリア塗装で仕上ますのでオプションパーツの様な完成度があります
  さらにリアルカーボン加工料のおよそ3割ほどの安価な料金で加工可能です
  デメリットは形状により柄伸びが出ることがあり加工可能なサイズ制限があります
  基本は1m×50cm以内までですが形状により長い物も可能です

お問い合わせ お見積もり

bros@e-mail.jp


Copyright(C) リアルカーボン加工・メッキ加工のブロスCCT